襲いかかるジミー~ジョエル・サラ父娘の地獄の一日の始まり

   2019/05/14

「The Last of Us(ザ・ラストオブアス)」の攻略実況中継、第2回目をお送りします。

前回は、真夜中、サラが父・ジョエルを捜していると、テレビが突然ノイズ画面に変わり、窓の外で爆発が……!
というところまででした。

その後、父を捜しに1階へ下りサラでしたが、どこを探してもお父さんの姿が見られません。まだ捜していない父の仕事部屋に向かいます。

ジョエルの仕事部屋に入ると、突然、鍵が開いていた大きな窓からジョエルが帰ってきました。

しかし、なんだか父の様子がおかしいのです。帰ってくるなり、

「誰か来たか?」

と尋ねてきたかと思うと、デスクの引き出しを開け、中から銃を取り出し、弾を詰めているのです。

さらに、ジョエルは近付こうとするサラに向かって、

「窓に片付くなよ。」

と言うのです。

そんな父の姿を見て、尋常じゃないことが起こっていると感じたサラは、より不安になってしまいます。

すると、近所のジミーが突然現れ、窓ガラスを勢いよく叩いているのです。

ジョエルは怯えるサラを自身の背後に隠します。

すると、耐え切れなくなった窓ガラスが割れ、ジミーが中へ入ってきてしまいました。そして、ジミーは2人を見るなり、
突然襲い掛かってくるのです。ジミーにそれ以上近付くと撃つというのですが、ジミーは全く聞いていません。

ジョエルは、身を守るためにジミーと戦います。そして、ジミーとの戦闘に勝利したジョエルは、タイミング良くやってきた弟のトミーの元へサラを連れ、玄関へ向かいました。

トミーと合流すると、トミーはジョエルに向かって何があったかと尋ねてきますが、ジョエルは車にサラを乗せ、急いで車を出してくれと頼みます。

すると、トミーがジョエルの服についた血液を見て、

「血だらけじゃないか。」

と言います。

しかしジョエルは、

「俺のじゃない。」

と言い、車に乗り込んでしまいました。

そして、3人は車に乗り、ジョエル宅を出発します。車の中で今後のことや現在の状況を話し合うことになります。トミーが言うには、

  • 街の半分の人間が理性を失っており、寄生虫か何かの仕業らしいということ。
  • 電話もラジオもテレビも使えない酷い状況であること。
  • そして、兵士たちがハイウェイを封鎖していること。

などの情報をジョエルに伝えました。

結果、3人はトラヴィス群へ行くのを諦め、71号線で移動することになります。71号線へ向かう途中、トミーが2人に、

「単なる噂だが、市街地だけじゃない。最初は南部ってとこだった。それが東海岸と西海岸」

と説明していると、突然サラが、

「私たちも病気なの?」

と2人に尋ねます。

父は

「病気じゃない。」

と即座に否定するのですが、サラは、

「本当に?」

と聞いてきます。
そんなサラに、父・ジョエルは、

「街の方で発生したらしい。本当だ。」

と言います。
しかし、まだ疑問に思っているサラは、さらに先ほど襲ってきた近所の男性の話をジョエルに聞きます。

「ジミーは街にいたの?」

ジョエルは、その問いに、

「ああ、そうだ。」

と言いました。そして、

「俺たちは大丈夫だ。」とぽつりと呟きます。

その後、知り合いの自宅が炎に包まれていたり、助けを求める人々がいたりと、街中が混乱に陥っていく様子をサラは車の中から見て、より不安に駆られていくのでした。

交差点に差し掛かり、もう少しで71号線に出るというところで、渋滞に巻き込まれ、車が停まってしまいました。

「みんな同じことを考えている」

とトミーが言うと、前に止まっていた車に近付いてくる人間の姿が映りました。
前の車に乗っている人が声を荒げて何かを言っています。しかし、近寄ってくる人は止まらず、ズンズンと近寄ってくるのです。
そして、近付いてきた人は、突然車の中の人を襲いだしてしまうのです。

その光景を目の当たりにしたジョエルは急いで車を出すようにトミーに言います。すぐさまジョエルの指示に従い、来た道を戻ることに・・・。

前に止まっていた車を襲ったのはいったい何故なのでしょうか。トミーの言っていた寄生虫のせいなのか。
はたまた、人間の生き残りたい一心の行動だったのでしょうか。そして、3人の今後はどうなるのでしょうか。

3人の行く先には

次回、「The Last of Us(ザ・ラストオブアス)」攻略実況中継、第3回目に続きます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket